オーシャンアウトリガーカヌークラブ スタッフ

金子 デューク Duke Kaneko

オーシャンアウトリガーカヌークラブ代表 

1963年4月生まれ。長崎県長崎市出身。島から島へのVoyagingにこだわり漕ぎ続けるオーシャンパドラー。

アメリカ、カリフォルニア州より2006年アメリカより帰国、オーシャンアウトリガーカヌークラブを設立。八丈島から葉山までなど、日本の伊豆諸島の海を中心に日々航海を続ける。2011年、震災と津波により失われた森羅万象を癒すために、行脚(あんぎゃ)の旅に出る。 ”海からの巡礼の旅” という名称で熊本、水俣から葉山大浜海岸まで、砂浜を探し、海と大地に祈りを捧げながら、4ヶ月かけて2600キロをV1(ラダーなし一人乗りカヌー)で単独で航海する。途中、神社、神宮などの日本の聖地とよばれる場所へ海から訪れ祈りを捧げる。これを機に、自分自身のKuleana(使命、先祖からの業)に目覚める。志を同じくする世界の仲間達と、ハワイ島、マウイ島、オアフ島、モロカイ島、カウアイ島、など島から島への海峡横断を続ける。現在、南伊豆、弓ケ浜在住し、外洋を毎日漕ぎ、利島、神津島、式根島、新島に渡り続ける。週末に葉山に練習の為通う。

スタッフ4名

4名とも長年に渡りハワイやタヒチの海を漕ぎ続けている経験豊なパドラーです。
ポリネシアに伝わる”海を漕ぐ精神”を皆へしっかり伝える事ができる伝道者でもあります。

副代表 金子 ケニー
Kenny Kaneko

 

副代表補佐 川又 聖也
Seiya Kawamata


岩本 ケイ
Kei Iwamoto

 

神保 トシカズ
Toshikazu Jimbo

^